presented by
Menu
砂、水、そして汗

ノイアー、ロッベン、ボアテングがカムバックへ奮起

 土曜日も彼らは休むことを知らなかった。マヌエル・ノイアーとアリエン・ロッベンはパフォーマンスセンターで、ジェローム・ボアテングはピッチ上でトレーニングを行っている。ミュンヘンで効果的にリハビリと基礎トレーニングを終える為、このトリオはアウディ・サマーツアーへの参加を取り止めている。それが意味するのは1日2回のトレーニングだ。

 昨シーズン終盤、大腿部に負傷を負い目下体調を整えることに専念しているジェローム・ボアテングは「僕たちはハードワークをしているよ」と現状況を説明、今週負荷を高めたランニングによるトレーニング、また特別な強化、及びコアトレーニングで汗を流しており、「日々進歩を感じているよ」と語った。

ロッベンは来週からボールを使ったトレーニング

 マヌエル・ノイアーもまた回復へ向かって、「毎日、進歩」をしているようだ。中足骨の骨折以後、同GKは砂場や水中でトレーニングを行っている。彼は「満足しているよ」とトレーニング経過について述べ、「勿論できる限り早くチームへ合流できるよう勤めている。でも一度に多くを望みすぎてはいけないね」と続けた。

 サッカー専門トレーニングを目前に控えているのはアリエン・ロッベンだ。休暇中脹脛を負傷した同オランダ人選手は、来週再びボールを使ったトレーニングを始める予定となっている。先週中のトレーニングは持久力の向上に焦点を当てていた。同選手は「今ミュンヘンでトレーニングが出来るのはとても良いことだね。僕の目標はチームが戻って来たら、チーム練習に合流することだよ」と展望について話した。

News