presented by
Menu
コンフェデレーションズカップに参加した選手が戻る

パス、ドリブル、ランニング - ルディとズーレが始動

 セバスティアン・ルディと二クラス・ズーレがFCバイエルン選手としてスタートを切った。コンフェデレーションズカップに出場したヨスア・キミッヒ、アルトゥーロ・ビダルと共にこの2人の新加入選手は29日(土)午後、ゼーベナー通りで初練習に臨んだ。この4選手は練習前に義務付けてあるメディカルチェックを行った。

 アシスタントコーチのダヴィデ・アンチェロッティ、フィジカルコーチのフランチェスコ・マウリが数多くの練習メニューを新しいトレーニンググループの為に準備していた。ピッチにはチアゴと若手4選手の姿もあった。まずハードルを使った練習、続いてパス練習とピッチ上の真ん中で数種類のコンビネーションゲーム、トレーニング終了前にはドリブル練習と持久力練習を行った。

 練習開始から1時間後にカルロ・アンチェロッティは今日のトレーニングを終わらせた。30日(日)のゼーベナー通りでFCB監督は、新シーズン初の選手全員が揃ったトレーニングを行う。明日の公開練習は現地時間17時00分から始まり、その1時間半前(現地時間15時30分)にはルディとズーレが公式記者会見に出席する予定だ。 FC Bayern.tv30日(日)午後の練習と記者会見を生中継。

 

News