presented by
Menu
プレスリリース

ニャブリがTSG 1899ホッフェンハイムに期限付移籍

 セルジュ・ニャブリがFCバイエルン・ミュンヘンからTSGホッフェンハイムに期限付で移籍することが決まった。U21欧州選手権で優勝した21歳の同選手は、ヴェルダー・ブレーメンから6月にバイエルンに移り、3年契約を結んだばかりだ。ニャブリは2018年6月30日まで、今季ヨーロッパの大会に出場するホッフェンハイムでプレーする。

 FCバイエルン・ミュンヘン株式会社取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、「1年間の他チームへの期限付移籍は、試合経験を積むためにセルジュ自身が望んだことだ。ホッフェンハイムではこの望みが高いレベルで叶えられると、私は考えている。セルジュ・ニャブリは1年後にバイエルンに戻る」と説明すると、「FCバイエルンの名において、セルジュ・ニャブリのホッフェンハイムでの成功を祈る。またTSG 1899ホッフェンハイムには、この移籍実現に向け真剣で建設的な話し合いを行えたことに感謝する」と述べた。

News