presented by
Menu
プレスリリース

FCバイエルンの公式医療器具スポンサーにシーメンスヘルスケア

 FCバイエルンミュンヘンとシーメンスヘルスケア株式会社はブンデスリーガ新シーズ開始と共に3年間に渡るパートナーシップをスタートした。シーメンス組織内で独立経営を行うヘルスケア事業はFCバイエルンの公式パートナーであると同時に、医療技術分野での独占パートナーとして2017年7月1日から2020年6月30日までの契約を締結している。パートナーシップの一環としてシーメンスヘルスケアはメディカルチェックによるプロ契約選手達の健康維持と回復、また予防検診や急を要する怪我の診断の為にセーベナー通りにあるFCバイエルンのトレーニング施設、またアリアンツ・アレーナへ最先端の超音波及びレントゲン検査設備を整えることになった。

 株式会社FCバイエルンミュンヘン取締役会の一員であるアンドレアス・ユングは「選手達の健康は成功の基盤を成すものだ。画像診断機器の分野において世界的なトップ企業であるシーメンスヘルスケアをパートナーに獲得したことは、医療診断における革新的なテクノロジーの活用により我がメディカルチームの素晴らしい仕事が大きな助力を得ることを意味している」と語った。

 シーメンスヘルスケア株式会社のCEOであるドクター・ベルント・モンタークは「医療技術分野での長年に渡るFCバイエルンミュンヘンメディカルチームとの協力体制を、パートナーシップの締結により一層深めていくつもりだ」と述べ、「世界的なトップクラブの1つであるFCバイエルンは、他に類を見ないほど国際舞台において高いレベルを保ち続けており、これは類稀な選手達の調和に満ちた共同作業の上に成り立つチームとしての功績によるところが大きい。これと同様、シーメンスヘルスケア株式会社のグローバルなチームも医療業界へ情熱を注ぎ、日々世界中の医療供給者の為に最良の結果を出せるよう尽力している。その為FCバイエルンミュンヘンが選手の健康維持の為、我が社の機材へ全幅の信頼を寄せ、また将来的に我々のシステムまたサービスを利用してくれることを大変嬉しく思う」と続けた。

 整形、緊急外科の専門医であり、またスポーツドクター、カイロプラクターでもあるチームドクターのドクター・フォルカー・ブラウンは新しい医療機材の導入で筋肉組織を含めた運動器の検査の際により正確な診断が下せることを期待し、「このすべての機器は毎日の施用で非常に素晴らしい医療画像を提供してくれる」と性能の素晴らしさについて言及した。

 

News