presented by
Menu
アウディサマーツアー2017

アジア、トリッソ、スポーツディレクターについてのヘーネスのインタビュー

 アウディ・サマーツアー2017中も、ウリ・ヘーネスのカレンダーにはぎっしりと予定が詰まっている。シンガポールに着いた翌日、FCバイエルン会長のヘーネスはジャーナリストのために時間を割き、ツアーの印象や準備期間、新シーズンの目標について語った。更に同会長は、新しいスポーツディレクターと近いうちに契約が成立するだろうとも打ち明けた。fcbayern.comがバイエルン会長の重要な発言をまとめた。

ウリ・ヘーネスのインタビュー

アウディ・サマーツアー2017での今までの印象的な体験について:「深セン市でのスクール開設は大変印象的だった。市長は政府と申し合わせ、我々を歓迎してくれた。彼らはFCバイエルン・サッカースクール発展のために巨額の資金を費やしている。そこで私は、このツアーがとれほど重要なものか初めて自覚した。中国の人々は、我々との協力関係と友情を非常に真摯に捉えている。このことは、時には経済面よりも重要になる」

ツアーそのものについて:「ツアーはいつも通りしっかりと手配されていた。我々は今後もこのようなツアーを行うことだろう。しかし12日間で4試合も行い、更に他の国も訪れる必要があるかどうかは、また内部で話し合うことになるだろう」

ACミラン相手に敗北したことについて:「私は試合後にナーバスにはなっていなかった。プレシーズンのこのような時期には、我々がまさに最も疲弊している時に、来週木曜日のヨーロッパリーグ予選に向けてモチベーションが高く、準備が進んでいる相手と対戦することは起こり得る。我々にとっての利点は、金曜日にドイツに帰ってからシーズン開始までまだ3週間あることだ。だから私は全く心配していない」

目前に迫ったチェルシー戦について:「0-4での敗北を嬉しがる者などいない。だから明日の試合は良いものにしようというプレッシャーは少しある。選手たちは試合まで落ち着いた時間を過ごすことになる。マーケティング関係の予定は全く入れていない。明日はミラン戦よりも良い試合ができることを願っている。だが試合がどのような結果になるかは重要ではない。現時点の成果で新シーズンの状況が決まることはない」

空席のスポーツディレクターについて:「今後6週間の内に新しいスポーツディレクターを発表するつもりだ。既に言ったことがあるが、私とカール=ハインツ・ルンメニゲは多くの距離を車で移動した。そしていくつかの話し合いをしてきた」

アジアでの特別人気のあるトーマス・ミュラーについて:「彼がここでこんなに人気があるのは、何も驚くべきことではない。彼は素晴らしい人物だし、FCバイエルンとドイツ代表で比較的若いときからタイトルを獲得してきた。彼は常にウィットに富んだ受け答えができる、例え夜中の0時でもね。彼は素晴らしい形でFCバイエルンを体現している」

コランタン・トリッソについて:「第一印象は良い。とてもチームに貢献的で性格も素晴らしいし、やる気に溢れ、ハードワークを厭わない。このような人物は信頼できる。評価するにはまだ早い時期だが、これが今までの彼に対する私の印象だ」

ハメス・ロドリゲスについて:「控えめで感じがよく、とてもサッカーの上手い若者だ。だから彼は今、FCバイエルンにいる。その他のことは今後わかっていくだろう」

ブンデスリーガ新シーズンの最も手強い対戦相手について:「ライプツィヒは再び素晴らしいシーズンをプレーするだろう。だが最大のライバルは、きっとドルトムントになる」

シーズンの目標について:「リーグ優勝してドイツマイスターになること。その他の大会はについては、どうなるか見てみなければならない。だが最も好ましいのは当然、我々がドイツマイスターになり、DFBポカールで優勝し、チャンピオンズリーグでも素晴らしい成績を収めることだ。そしてこのシーズン中に、今後熱狂を巻き起こすことのできるチームを育てることだ。タイトルを獲得しながら同時に変革を起こす、それは究極だ」

今年のドイツ年間最優秀選手フィリップ・ラームについて:「彼がやっと最優秀選手に選ばれたことは大変な驚きだ。フィリップはもっと前にこの賞をもらっていてもよかった」

2012年のチャンピオンズリーグ敗北以降のクラブの進展について:「FCバイエルンは頑健だ。FCバイエルンの状態は信じられないほど良く、イメージも悪くない。未来のために準備はできているし、必要な時は常に更なる出資が可能な状態にある」

ユース部門について:「新しいユース・パフォーマンスセンターにより、我々はついにユース部門改善のチャンスを手に入れた。長年にわたり、この分野が弱かった。だが現在はU17がドイツ優勝を果たし、U19も最終的にPK戦で敗れたものの、決勝に進出した。私が知る限り、U9からU15までも良い発展を遂げている最中だ。今の我々には、FCバイエルンが将来も良い状態でいられるための施設設備と人材が揃わっている。私は現状に大変満足している」

News