presented by
Menu
「レベルの高いトーナメント」

トップクラスの4チームがアウディ・カップ2017で競い合う

 ブンデスリーガ開幕まで残すところあと2週間半、チャンピオンズリーグの風がミュンヘンのアリアンツ・アレーナに舞い込んできている。今年のアウディ・カップではFCバイエルン、アトレティコ・マドリード、リヴァプールFC、SSCナポリの欧州4大リーグのトップチームが、プレシーズン中に行われるこの伝統的なトーナメントの5回目のタイトルを懸けて対戦することになる。

 FCバイエルンの監督カルロ・アンチェロッティは7月31日(月)、他の3チームの監督も同席している記者会見の中で「これは強豪チームが競い合うレベルの高いトーナメントだ」と語った。DFBポカール優勝チームであるボルシア・ドルトムントとのスーパーカップ決勝を5日後に控え、同監督は「私達にとって、公式戦を前にしたとても大切なテストだ」と補足し、チームにとってアウディ・カップが「とても高い重要性」を持つと述べた。

リヴァプールにとってFCBは「チャレンジ」

 アウディ・カップは8月1日(火)17時45分(日本時間翌日0時45分)の準決勝第1試合、アトレティコ対SSCナポリ戦で幕を開ける。FCバイエルンは同日20時30分(同3時30分)から行われる準決勝第2試合でリヴァプールFCと対戦する。両試合の勝者は2日(水)に決勝に、そして敗者は3位決定戦に臨むことになる。試合のチケットはゼーベナー通りのサービスセンターに若干数残っており、オンラインチケットは試合当日14時まで購入可能だ。そしてアレーナの当日券売り場では11時から購入することができる。

 リヴァプール監督のユルゲン・クロップもアウディ・カップ、特にFCバイエルンとの対戦を楽しみにしており、「大きなチャレンジだ」と述べた。リヴァプールは現在新シーズンに向けてテーゲルン湖でトレーニングキャンプを行っており、「トレーニング三昧」の日々から直接アリアンツ・アレーナでの2試合に臨むことになる。このキャンプでレッズは、多いときには1日3回の練習を行っている。アウディ・カップにはジョー・ゴメス、ナサニエル・クライン、ディヴォック・オリジの欠場が既に確定している。

アンチェロッティはほぼ全選手起用可能

 12日後のシーズン開幕、そして2週間後のチャンピオンズリーグ・プレーオフという重要な試合にトップコンディションで臨むために、クロップは特にアウディ・カップのバイエルン戦で正しい「結果と認識」を得たいと考えている。リヴァプール監督は「我々にとって明日重要なことは、バイエルン相手にどんな試合になるか見ることだ。カルロが誰を起用するかにかかわらず、バイエルンは最高峰のチームの1つだ」と述べた。

 アンチェロッティは、事実ほぼ全員の選手を起用できる状態にある。欠場が決まっているのはマヌエル・ノイアーとフアン・ベルナトのみ。フランク・リベリーは7月31日(月)にチームトレーニングに復帰している。またアンチェロッティ曰く、ジェローム・ボアテングとアリエン・ロッベンも「良い状態」にあるという。またアンチェロッティは、コンフェデ杯に出場した選手たちは土曜日にトレーニングを開始したばかりであり、彼らが出場するとしても1日(火)ではなく2日(水)の試合になると打ち明けた。

 SSCナポリも2週間後にチャンピオンズリーグ・グループステージ出場をかけて戦うことになっており、相応に準備が進んでいると予想される。マウリツィオ・サッリは「この大会は我々にとって良いものになる。このレベルのチームと試合を行うことは重要だ」と述べた。サッリ率いるナポリは準決勝第1試合で、ここ数年のチャンピオンズリーグでトップに君臨するクラブの1つ、アトレティコと対戦する。ナポリに比べれば新シーズンに向けた準備がそれほど進んでいないアトレティコだが、監督ディエゴ・シメオネは「まずは自分たちの様子を見なければならない。そしてどこまで行けるかやってみよう」とコメントした。

News