presented by
Menu
テレコムカップ

FCBデビュー間近のハメスとトリッソ

 シーズン開幕まであと5週間となったこの週末に、少しブンデスリーガの雰囲気を味わえるイベントが行われる。7月14日(土)にメンヒェングラードバッハのボルシア・パルクで第9回テレコムカップが開催され、ドイツマイスターのFCバイエルンとホストのボルシア・メンヒェングラードバッハ、TSG 1899ホッフェンハイム、そしてヴェルダー・ブレーメンの4クラブがテストマッチを行うのだ。

 今回のテレコムカップでは、まず最初に14時から行われる準決勝1試合目でボルシアMGとブレーメンが対戦し、続いて15時15分からFCBとホッフェンハイムが準決勝2試合目を行う。試合時間はそれぞれ45分間だ。引き分けの場合は延長戦は行われず、PK戦で勝敗を決めることになる。16時30分から両試合の敗者による3位決定戦が、17時45分から勝者同士による決勝が行われる。

 バイエルンGKのトム・シュタルケは「行くからには勝ちたい」と、古巣との対戦を前に意気込む。マヌエル・ノイアーとスヴェン・ウルライヒの不在(両選手とも基礎トレーニング中)を受け、グラードバッハではシュタルケと期待の若手選手クリスティアン・フリュヒトルがバイエルンのゴールを守る。FCBはこのテレコムカップで前回1月、2013年、2014年に優勝を果たしている。

 下部リーグとの親善試合を2試合(ヴォルフラーツハウゼン戦4-1、エアランゲン=ブルック戦9-1)消化した後で、ドイツマイスターのFCBはいよいよブンデスリーガ・クラブを相手に力試しをすることになる。このテレコムカップを前にシュタルケは、昨年「素晴らしいシーズン」をプレーして4位となり、初めてチャンピオンズリーグ予選出場を決めたホッフェンハイムを警戒している。シュタルケは「彼らはとても高揚し、ポジティブな雰囲気で試合に臨むだろう」と語った。

 カルロ・アンチェロッティは、テレコムカップで起用する選手を試合の少し前に決めるつもりだ。しかしノイアーとウルライヒに加えて、アリエン・ロッベンとジェローム・ボアテングの欠場は既に確定している。それに対して、FCBに加入したばかりのハメスとコランタン・トリッソがデビューを飾る可能性は高いだろう。アンチェロッティは「調子が良いならハメスは出場するだ」と語り、コロンビア出身の同選手の起用を予定しているようだ。シュタルケは、「今はまだ準備期間中だ。監督は様々なことを試してみるだろう」と説明した。

News