presented by
Menu
インサイド

ライプツィヒでのポカール2回戦は水曜開催

 FCバイエルンがライプツィヒへ赴いて戦うDFBポカール2回戦は10月25日、水曜日の開催が決定した。これは31日(木)、ドイツサッカー連盟によって発表された。キックオフ時間はドイツ時間20時45分、日本時間翌3時45分となっている。 

ボアテングが次のステップへ

 ジェローム・ボアテングが自らの復帰へ更にもう一歩近づいた。8月31日(木)センターDFの同選手は負傷後初めて同チームとのトレーニングに参加し、マヌエル・ノイアー、スヴェン・ウルライヒ、そして多くの若手選手たちと共に芝の上で1時間に渡るトレーニングを行った。また前日にキッカーズ・オッフェンバッハ救済のためのチャリティマッチに参加していたラフィーニャ、ハビ・マルティネス、そしてフランク・リベリーはパフォーマンスセンターで回復のための別プログラムを行った。

トップに立つミュラー

 9月1日(金)にFCバイエルン所属選手トーマス・ミュラーは、ヨアヒム・レーヴ代表監督率いるドイツ代表メンバーの中でも最多試合出場数を誇る選手としてプラハでの対チェコW杯予選に挑む。27歳のミュラーはすでに85回もの国際試合に出場、続いてメスト・エジル(84回)とトニ・クロース(76回)がその後を追っている。また37得点を獲得しているミュラーは同時にドイツ代表のトップスコアラーでもあり、かつてミュンヘンに所属したマリオ・ゲッツェ(30得点)がその後に続いている。ミュラーはW杯予選で5得点を挙げており、ドイツ代表としても同様に輝かしい成績を持っている。

キミッヒは連続フル出場

 ヨスア・キミッヒはこれまで出場した代表戦は20試合のみだ。だが22歳のFCバイエルン所属選手はドイツ代表チームにおいて今現在ドイツ代表の中で息の長い活躍を見せている:右サイドバックの同選手は直近の19試合全てにフル出場しているのだ。

News