presented by
Menu
CL組み合わせ抽選に対する反応

「素晴らしいチームとのエキサイティングなグループ」

 スポーツ的見地から言うならば、今季のチャンピオンズリーググループラウンドでFCバイエルンは非常に魅力的なグループを引き当てたと言えるだろう。ドイツリーグ最多優勝を誇るクラブはモナコでの抽選会の直後にトーマス・ミュラーが発言したように、パリ・サンジェルマン、RSCアンデルレヒト、そしてセルティック・グラスゴーといった「欧州サッカーにおける高名なクラブ」と戦うことになった。とりわけフランスのトップクラブ、パリ・サンジェルマンとの対戦はバイエルンを喜ばせ、同チームとの対戦に対し関係者達は「スペクタクル」(ハサン・サリハミジッチ)、「大一番」(マヌエル・ノイアー)、また「大いなる挑戦」(コレンティン・トリッソ)といった反応を示した。

抽選結果についてのコメント:

カルロ・アンチェロッティ:「パリを頂点に頂いた素晴らしいチームとのエキサイティングなグループだ。かつての自分のクラブと対戦するのは私にとって素晴らしい話だ。セルティックは周知の通りファンから信じられないほどのサポートを受けている。またアンデルレヒトもベルギー王者として侮ることは許されない。総合的に見て3つの異なった、だが難しい対戦相手だと言えるだろう」

ハサン・サリハミジッチ:「パリはスぺクタクルな対戦相手であり、大きな名声を誇るクラブだ。とても楽しみだよ。セルティックとは2003年に自分も戦ったことがあり、当時経験した中でも声援が一番大きなスタジアムだった。アンデルレヒトとも戦ったが、あそこも雰囲気が良く、大声援のサポートがある。彼らを見くびるのは大きな誤りだ。グループリーグを乗り切るためには全対戦相手に対し良い準備を行う必要がある」

マヌエル・ノイアー:「組み合わせは非常に興味深いね。パリはもちろん大一番だ。まだ一度もPSG相手に戦ったことがないからこの比較を楽しみにしているよ。セルティックと戦うのも初めてだ。セルティック・パークは素晴らしい雰囲気で有名だね。この抽選についてはファンのためにも嬉しいものだよ。アンデルレヒトは侮ることは許されない、やりにくい相手だ。彼らはこれまでにも何回かビックネームを苛立たせることに成功している。そのため十分な準備をしておかないといけないね」

トーマス・ミュラー:「僕たちのグループはどれも欧州サッカーの高名なクラブばかりだね。パリはとても興味深い対戦相手だ、このチームとはまだ戦ったことがない。グラスゴーとも白熱した試合になるだろう、素晴らしいファンに後押しを受ける格式高いクラブだ。それでも僕達は何が何でも突破するつもりでいるよ」

マッツ・フンメルス:「良いグループだね。僕たちの明確な課題はグループリーグ突破にある。パリはもちろん刺激的だ。スペクタクルなチームだね、でも素晴らしいよ!トップチーム相手に腕試ができるんだ。長時間の移動がないことも嬉しいね」

コレンティン・トリッソ:「とても素敵なグループに入ったと思うよ。とりわけPSGは当然ながら大きな挑戦だ。彼らは今年の夏、ネイマールとダニ・アルベスといった非常に良い補強をしたしね。 確実に2試合ともビッグマッチになるだろう。最終的にはアンデルレヒトとグラスゴーとの全試合で勝つ必要がある、実現可能なことだ。パリではもちろん代表のチームメイトであるアルフォンス・アレオラとアドリアン・ラビオとの再会をとても楽しみにしているよ」

キングスレイ・コマン:「簡単なグループに入ったとは言えないね。とりわけパリとの対戦を楽しみにしているよ。PSGでの1年目はあの素晴らしいスタジアムで1度しかプレーすることができなかったんだ。だからこそ余計にバイエルンとあそこに戻ることができるのを楽しみにしている。でもアンデルレヒトとセルティックの試合へ僕たちは集中して臨み必要があり、軽んじることは許されない。僕達の持つポテンシャル を試合で引き出すことができれば、グルーリーグ1位通過も決して非現実的ではないはずだ」

News