presented by
Menu
インサイド

ノイアーが昨季UCLベストGK部門にノミネート

 UEFAが4日(金)、マヌエル・ノイアーが昨季チャンピオンズリーグ・ベストGK部門の候補者の1人に選出されたことを発表した。ノイアーの他にジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントス)、ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)がノミネートされている。GK、DF、MF、FWと各ポジションに3名の候補者がノミネートされ、その中には元バイエルン選手トニ・クロースの名前もある。審査委員会は昨季チャンピオンズリーグ・グループステージを戦った32チームの監督と55名のジャーナリストから構成される。昨季CLベスト11は8月24日(木)、モナコで行われる今季チャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会場で発表される。

ラームに第二子が誕生

 元バイエルン主将フィリップ・ラームと同氏の妻クラウディアの間に第二子が誕生した。昨シーズンで現役引退した33歳の同氏が自身のフェイスブックに、「4日(金)午前、僕らの小さなレニアがこの世に誕生した!」と記した。母子ともに健康である。「ユリアンは妹の誕生をとても喜んでいる! ユリアンも8月に生まれだし、僕らに新たな8月生まれの子供が生まれてとてもハッピーだよ」

News