presented by
Menu
ブレーメン戦のコメント

「再びフィールドに立つことができてホッとしている」

 72分間、FCバイエルンはブレーメンで忍耐に歯をくいしばることとなったが、その後たった4分の間にロベルト・レヴァンドフスキがドッペルパックで試合を決定付けた。スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチは試合後「ロベルト・レヴァンドフスキは再び彼がチームに欠かすことのできない存在だということを証明してみせた」と語った。カルロ・アンチェロッティはその間「難しい試合における重要な勝利」と口にした。また130日の負傷による離脱から復帰したマヌエル・ノイアーは「再びフィールドに立ち試合に勝つことができてホッとしているよ」と胸中を明かしている。

試合後のコメント:

ハサン・サリハミジッチ:「本当に良い試合を行えた。我々は忍耐強さを保ち、また最後の決定的なパスを欠いたとしても数多くのチャンスを演出した。終盤にはゴールを決め、試合を最後まで優位にすすめた。コンパクトさを保ち、全くチャンスを与えなかった。ロベルト・レヴァンドフスキは今日再び、彼がチームに欠かすことのできない存在、ブンデスリーガ1の選手であり、世界的にも最高の選手の一人だということを証明してみせた。レヴィは素晴らしいよ」

カルロ・アンチェロッティ:「結果にはとても満足しているよ。非常に難しい試合での重要な勝利だ。1時間にわたり我々はスペースを見つけられないという問題を抱えていた。監督として常に改善のための糸口を見つけることができるが、最後に物をいうのは勝点3ポイントだ」

マヌエル・ノイアー:「再びフィールドに立ち試合に勝つことができてホッとしているよ。非常に良い守備ができた。前半は前線へのアイデアを少しばかり欠いたね。長い間、問題を抱えていた。後半ヴェルダーが疲れを見せはじめ、僕達はチャンスを活かすことができた。僕にとって一番良かったことは審判が笛を吹き、試合に勝ち、クリーンシートに抑えられたことだよ」

ロベルト・レヴァンドフスキ:「忍耐を無くさずチャンスを待つ必要が時にはあるんだ。ヴェルダーが非常に守備的な試合をしたのは誰もが目にしただろう。僕達には十分なスペースがなかった。だから先制点を決めるのは決して楽ではなかったよ」

アレクサンダー・ヌリ(SVヴェルダー・ブレーメン監督):「70分まで我々は非常によく守った。2失点目はあまりに早く決まったね。我々が走った距離は非常に多く、そのため攻守の切り替えの際に決定的なパスが通ることがあまりなかった」

News