presented by
Menu
アラバ、チアゴ、ハメス

3選手が負傷退場

 アウディ・カップ準決勝後、FCバイエルンにとって残念な結果に終わったのは試合だけでなく、3選手が負傷を訴えたという事実にある。チアゴは既に試合時間21分に途中交代を余儀なくされ、ハメス・ロドリゲス(62分)とダビド・アラバ(79分)が後半、彼に続いた。

 試合後カルロ・アンチェロッティは「チアゴとアラバは打撲を負った」と語ったが、しかしながら両選手にとりこれは「大きな問題ではない」と考えている。ハメスは筋肉の問題を訴えているとのことであり、FCバイエルンの監督は「明日詳細な診察が行う予定だ」と続けた。

 8月2日(水曜日ドイツ時間17時45分、日本時間翌0時45分)開催のアウディ・カップ第2戦、SSCナポリとの対戦に向け、アンチェロッティは新しく選手を追加登録するつもりはない。58歳の監督はトレーニングで遅れをとるアリエン・ロッベンとジェローム・ボアテングの起用を否定、「両選手は明日出場しない。我々はリスクを冒すつもりはない。彼らはまだ用意ができていない」と述べている。だがアンチェロッティは、両選手が8月5日(土)のDFLスーパーカップには出場の用意が整っていることを計算に入れている。

News