presented by
Menu
FC Bayern.tv liveの1:1トーク

ビダル「僕らは家族のようなものだよ」

 FCバイエルンのファンはアルトゥーロ・ビダルを今ままでこんなに近くで見ただろうか!今回のFC Bayern.tvの1:1トークでは、チリ人の同選手が幼少期時代、家族、ゼーベナー通りでの最初の1年、そして明確な闘志について語ってくれた。「子供の頃からそうなんだ。日々の暮らしは決して楽なものではなかったけど、僕らは常に喜びも痛みも感じていたんだ。母は僕ら家族が前に進むために全てのことをしてくれて、これは僕に強く影響を与えた。そして僕はどの試合でもそれを証明しようとしているんだ」

 ピッチの外でMFの同選手は静かだ。「プライベートでは僕はとても静かで親切だよ。家族と過ごす時間を大切にしているんだ。子供達、妻、そして友達。彼らと共に静かな時を楽しんでいる。でも僕はピッチの上だとすっかり変わってしまう。FCバイエルンやチリ代表のユニフォームを着たら僕は絶対に勝ちたいし、ファンを見たらすぐさま物凄くモチベーションが湧き上がるんだよ」

 ビダルはファンについて、いずれにしてもチームが勝利するために必要不可欠で「大きな存在」だと語る。「ファンがいなければサッカーの素晴らしさは半減するよ。彼らがいなければ僕らは100パーセントを出し切ることが出来ない。ファンはどの試合でも、どのチームにおいても本当に重要な役割を担っているんだ」ビダルはファンに対して、果てしない感謝の念に満ちている。同選手はファン、そしてチーム全員と一緒に過ごす今後の時間を楽しみにしているのだ。「FCバイエルンで特別なことは、僕らがひとつの家族だってことだよ。チーム全体がね。全ての選手がそれぞれにとても近く結びついて、お互いに出来るところで助け合うんだ。これは世界中にある他の大きなチームとの違いだね」

「ブレーメンは常に手強い」

 ビダルはFCバイエルンと共にまた新たなシーズンを戦いたいと望み、新加入選手達のクオリティーを頼りにしている。同選手は「とても順調だよ」とコランタン・トリッソ、セバスティアン・ルディ、ニクラス・ズーレ、そして現在負傷しているハメス・ロドリゲスが過ごした最初の週をポジティブな感情と共に述べた。「みんなとても幸せそうに見えるよ。もうすでに言ったけど、このチームはひとつの家族なんだ。どの新加入の選手も僕らの兄弟のようにチームに溶け込んでいく。これはすごくポジティブなことで、大きなことを成し遂げるにはチームが結束しないといけないからね」

 FCバイエルンのメンバーは8月26日(土)のブレーメン戦でチームとして成功を収めたい。「難しい試合になるだろうね。ブレーメンは僕らにとって常に手強い相手だった。でもブンデスリーガ優勝は僕らの目標だし、そのためにはこの試合も勝たないと」チリ人の同選手は「僕の家族が順調で、今後も幸せであるように」と今後について希望を語ってくれた。プライベートな時間が充実していると、スポーツでの成功も難なく進むことだろう!

同番組の完全版は是非、FC Bayern.tv liveでご覧下さい!​

News