presented by
Menu
インサイド

バイエルン、マインツ戦に向けてトレーニングを強化

 チャンピオンズリーグから一旦離れ、再びブンデスリーガに神経を集中させる時が来た!木曜日午前、FCバイエルンは9月16日(土曜日ドイツ時間15時30分、日本時間22時30分)にホームで行われる1.FSVマインツ05戦に向けたトレーニングの最終段階に入った。カルロ・アンチェロッティ監督はフィールドプレーヤー16人とGKをトレーニング場に集め、その中には先日から練習を手短に切り上げていたアルトゥーロ・ビダルの姿もあった。この日行われたトレーニングのプログラムは主に調整、フォーメーションの確認、シュート練習だった。ダヴィド・アラバは復帰に向けて砂場での個別トレーニングを行った。

出場が危ぶまれる武藤とラッツァ

 1.FSVマインツ05はFCバイエルン戦を前に、FW武藤嘉紀とMFダニー・ラッツァの出場に懸念を抱いている。木曜日、サンドロ・シュヴァルツ監督は「もう少し様子を見なければいけない」と述べた。なぜなら武藤は現在風邪を引いており、バイエル・レヴァークーゼン戦でふくらはぎに怪我を負ったラッツァ同様にトレーニングへ参加することが出来なかったからだ。シュヴァルツ監督は「我々が結果を残したいのであれば最高のパフォーマンスを見せて、バイエルンが調子を出せないことが必要となる」と対バイエルン戦でのチャンスについて言及した。

News