presented by
Menu
「このためにサッカー選手になったんだ」

ネイマールとの対決を心待ちにするキミッヒ

 ネイマール、エムバペ、カバーニ ― 9月27日(水)夜にチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン 戦を目前に控えたFCバイエルンが今、最も多く口にする名前はこの3人のものだろう。中でもヨスア・キミッヒは、彼らPSGのトップストライカーと対峙する可能性が高い。バイエルンの右SBはブラジルのスーパースター、ネイマールとの対決を心待ちにしている。「とても楽しみだよ」と言うキミッヒは、「対人戦において、ネイマールは世界で最高の選手のうちの1人だ」と続け、この対戦で待ち受けるものに対して心構えはできているようだった。

 しかしキミッヒには、自信を持ってこの試合に臨める理由が十分にある。同選手は今シーズン、これまでに行われた公式戦9試合のすべてに先発出場しており、フィリップ・ラームの引退で右サイドにできた穴を問題なく埋めている。このことは監督カルロ・アンチェロッティにとって、まったく驚くことではない。FCB監督は「彼は守備も大変良いし、攻撃も素晴らしい」とキミッヒを称える。キミッヒにとってネイマールとの対決は、これまでの右SB選手としてのキャリアでもっとも難しい挑戦となるだろう。

 「このような試合のために、毎日トレーニングをしている。チャンピオンズリーグで最高の選手と戦うためにサッカー選手になったんだ」というキミッヒは、26日の試合会場のパルク・デ・プランスに良い思い出がある。同選手はパリの同スタジアムで、15ヶ月前の2016年6月21日にドイツ代表として北アイルランド戦(1-0)に出場し、UEFAユーロ・デビューを勝利で飾った。キミッヒはこの試合で初めて、ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴに右サイドバックとして起用された。

News