presented by
Menu
FIFA最優秀選手

ノイアー、世界最優秀GKにノミネート

 FCバイエルンGKのマヌエル・ノイアーは、負傷により今年度末までの離脱が決まっている。しかし2017年における同選手のこれまでの活躍は、誰もが認めるところだ。ドイツマイスターFCBの主将である同選手は、今年の世界最優秀GKの最終候補3人のうちの1人だ。これは9月22日(金)、国際サッカー連盟(FIFA)によって発表された。

 ノイアーと共に同賞の最終候補に残っているのは、ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)とケイロル・ナバス(レアル・マドリード)だ。ノイアーは既に過去4年にわたり、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)により、世界最優秀GKに選ばれている。今年はFIFAが初めて同賞の選出を行うことになる。

 受賞者は2017年10月23日、ロンドンで開催されるザ・ベスト・FIFAフットボール・アワード・ショーで発表される。このショーでは同時に、2017年最優秀サッカー選手も選出される。同賞にノミネートされている顔ぶれに、驚く者はいないだろう。同賞の最終候補に残っているのは、4回受賞経験のあるクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)、5回選出されたことのあるリオネル・メッシ(FCバルセロナ)、そしてネイマール(FCバルセロナ、パリ・サンジェルマン)だ。

News