presented by
Menu
ホッフェンハイム戦後のコメント

「サッカーではこのようなことが起こるものだ」

 試合をコントロールしたのはFCバイエルンだったが、勝利を掴んだのは対戦相手のホッフェンハイムだった。シーズン最初の敗北後、監督カルロ・アンチェロッティは動じることなく「サッカーではこのようなことが起こるものだ。我々にはあまりスペースがなく、ハーフタイム後はスペースを広げようとした。しかしこれは、今日はあまり上手くいかなかった」とコメントした。また、マヌエル・ノイアーは失点前のバイエルンが好調だった時間帯について反省点を口にした。

コメント一覧

カルロ・アンチェロッティ:「難しい試合だった。たくさん努力したし、いくつかチャンスも作った。しかしいくつかの場面では、100%集中できていなかった。我々にはあまりスペースがなく、ハーフタイム後はスペースを広げようとした。しかしこれは、今日はあまり上手くいかなかった。サッカーではこのようなことが起こるものだ」

マヌエル・ノイアー:「試合の立ち上がりはとても良かった。とても良いプレーをしたし、ホッフェンハイムをしっかり支配していた。いくつかチャンスもあったし、先制点を挙げるべきだった。最初の失点のシーンでは、僕たちの動きは理想的ではなかった」

ユリアン・ナーゲルスマン(1899ホッフェンハイム監督):「我々が勝利できたことを全員喜んでいる。データ上はどの項目も我々が劣っていた ― ゴール数以外はね。我々の先制点はそれまでのパフォーマンスに見合ったものではなかったし、バイエルンにとって不利な瞬間に決まったものだ。その上、レヴァンドフスキのシュートがクロスバーに当たるという幸運にも恵まれた。だが我々はたくさん走ったし、素晴らしい闘志を見せ、不当とはいえない勝利を手にすることができた」

マルク・ウート:「僕たちは手にした少ないチャンスを活かした。最初のゴールの前に、アンドレ(・クラマリッチ、編注)が素早くボールを持ったのを見たんだ。だからあの時、僕はボールをコントロールしてシュートすることができた。あれは素晴らしかったね。今晩は僕たちの努力が報われた」

News