presented by
Menu
統計データ

FCバイエルンがオクトーバーフェストウィークをスタート

 9月16日(土)FCバイエルンはホームに1.FSVマインツ05を迎え、オクトーバーフェストの幕開けを飾る。FCバイエルンは1965年にブンデスリーガ昇格を果たして以来、オクトーバーフェスト開催中に88試合のホームゲームを行い、58勝8敗22分、235得点94失点の成績を残した。fcbayern.comはオクトーバーフェスト期間初のホームゲームとなる土曜日の試合について興味深い統計データを紹介する。

マインツに対して優勢

 対マインツとのホーム戦を前に、FCバイエルンにとって非常に有利な統計データを目にすることが出来る。王者FCバイエルンはマインツ相手にこれまでの22試合で15勝4敗3分、得点差56対25という結果を収めている。ミュンヘンでのホーム戦の成績は7勝2敗2分、得点差は27対13となっている。

アンチェロッティ監督の指揮下でホーム戦無敗

  カルロ・アンチェロッティ監督が2016年の夏にFCバイエルンの監督に就任して以来、FCBはブンデスリーガのホーム戦で無敗を誇る。最後にホームで敗戦を喫したのは2016年3月2日、そしてその試合での対戦相手こそがマインツ05だった!ジョン・コルドバが試合終盤に決めた得点で、マインツはFCBから2-1で勝利を奪い取った。

オクトーバーフェスト開催中に喫した直近の敗戦

 1.FSVマインツはFCバイエルンがオクトーバーフェスト開催のホームゲームで、最後に敗北した相手でもある。2010年9月25日、FCBはホームのアリアンツ・アレーナにおいて1−2で敗戦を喫している。

オクトーバーフェスト中得点を挙げるレヴァンドフスキ

 FCBバイエルンのストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキは過去2シーズンで「オクトーバーフェストのスペシャリスト」として名を馳せた。FWの同選手は期間中に合計で11得点を獲得しており、彼以上の成績を収めたのは、唯一この期間のホームゲームで18ゴールを決めたゲルト・ミュラーだけである。

アウェー戦に弱いマインツ

 1.FSVマインツ05は2016年10月以来、ブンデスリーガのアウェー戦15試合で11敗3分、勝利を収めたのは昨季第22節、2-0の結果に終わったバイエル・レヴァークーゼン戦1試合のみである。また同チームは直近のアウェー戦3試合において未だノーゴールとなっている。

マインツ戦の主審はザシャ・シュテーゲマン

 オクトーバーフェスト期間最初のホーム戦となる16日(土)の1.FSVマインツ戦では、ザシャ・シュテーゲマンが主審を務める。ニーダーカッセル出身の同氏は昨季、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールでは1試合FCバイエルン戦の笛を吹いた。結果はバイエルンの3勝1敗で終わっている。副審はジーヴェルト・フォン・クリスティアン=フィッシャーとマイク・ピッケル、第4審判はパトリック・アルト、そしてビデオアシスタントレフェリーはフェリックス・ツバイヤーが担当する。

News