presented by
Menu
インサイド

ノイアーが栄誉に浴する

 FCバイエルン主将のマヌエル・ノイアーがアジア太平洋ブランド財団 (APBF)の によるブランドラウレート・アワード受賞の栄光に浴した。同アワードはブランドのブランディングにおける個人及び企業の功績を讃えるものである。 2005年世界初のブランド・ブランディング財団として発足したAPBFにとり、ブランドは製品だけでなく、秀でた人格を備えた1個人を通しても体現され、「マヌエル・ノイアーのような特出したブランドは、インスピレーションを与える源泉となる」と選出の理由を語った。今回の授与によりマヌエル・ノイアーはこれまでの受賞者であるミヒャエル・シューマッハ、コービー・ブライアント、モハメド・アリ、クリスティアーノ・ロナウドに肩を並べることとなった。

ヴァンハーゼブルックがアンデルレヒトの監督に就任

 FCバイエルンとチャンピオンズリーググループリーグ突破を懸けて争うベルギー王者のRSCアンデルレヒトが監督の任を解かれたレネ・ヴァイラーの後任として、先週までKAAゲントの監督を務めていたハイン・ヴァンハーゼブルックと2020年までの3年契約を締結した。昨季アンデルレヒトをリーグ優勝に導いたスイス人のヴァイラー監督は9月中旬、ミュンヘンでFCバイエルン相手に喫した0-3の敗戦後、監督を退任していた。

News