presented by
Menu
ビダルが軽傷を負う

ミュラー「ある程度の期待感を抱いている」

 ゼーベナー通りでのユップ・ハインケスの2日目は多くの選手と共に始まった。ドイツ代表に招集されていたトーマス・ミュラー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、ヨスア・キミッヒ、二クラス・ズーレ、セバスティアン・ルディがチーム練習に戻り、ロベルト・レヴァンドフスキも代表戦を終えてバイエルンの練習場に姿を現した。トーマス・ミュラーはFC Bayern.tvのインタビューで、「今僕らは今週のトレーニングウィークを楽しみにしている」とコメントした。

 10月10日(火)午前、ハインケスはバイエルン選手のためにバラエティー豊富なプログラムを用意した。集中的なウォーミングアップの後はパス練習、続いて3つのミニゴールを使ったゲーム、そしてセンタリングからのシュート練習で今日の練習が終った。代表戦をプレーした複数の選手は負荷を調整しながらトレーニングに取り組み、全てのチーム練習を行わなかった。アルトゥーロ・ビダルは軽度の筋肉硬化を負った為、練習を途中で切り上げている。

「旧知のチーム」

 バイエルン新監督ハインケス、アシスタントコーチ陣のペーター・ヘルマン、ヘルマン・ゲルラントとの再会についてミュラーは、「2013年、僕らは最高の思い出と共に違う道を歩き始めた。僕らはそのシーズンを受け継ぐことにトライするんだ」と話し、さらに「彼らは多くの喜びもたらし、お互いを良く同調している旧知のチームだ。これしか僕らを助けられない。慣れ親しんでいる時間はないよ」と語った。

 バイエルンは14日(土)のフライブルク戦で成功への軌道に戻りたいと思っている。「当然、勝点3を獲得したい。そのためには良いパフォーマンスを披露する必要がある。きっとファンたちはある程度の期待感を抱いている。僕ら選手も同じだよ」と、今後のイングリッシュウィークを「心待ち」にしているミュラーが述べた。

News