presented by
Menu
W杯予選

レヴィのハットトリックでポーランドが首位を堅守

 ロベルト・レヴァンドフスキが3得点でアルメニア代表相手に6-1(3-1)の勝利をもたらし、同時にポーランド歴代最多得点を記録した。FCバイエルンのストライカーは代表戦で50得点を決め、ブウォジミエシ・ルバンスキ(48得点)が持つ記録を抜き去った。加えて29歳の同選手はハットトリックにより、ポーランド代表のロシアW杯出場をほぼ確実なものにしている。最終戦を前にポーランド代表は勝点22ポイントでグループE首位を守り、共に勝点16で追走するデンマークとモンテネグロが直接対決(5日現地時間20時45分)で引き分ければW杯出場を手にする。

 ポーランド代表はエレバンでゴールラッシュを演じ、試合開始2分でカミル・グロシツキが先制点を決めると、18分にはレヴァンドフスキがFKから直接ゴールを陥れ、その数分後には再び右足を豪快に振り抜き追加点を奪取した。39分にホヴハネス・ハムバルズミャンが1点を返すも、ポーランド代表の試合運びは揺らぐことなく、後半58分にヤコブ・ブワシコフスキ、64分にレヴァンドフスキの3点目、89分にはラファル・ヴォルスキが相手ゴールネットを揺らした。8日(日)現地時間18時にポーランド代表は祖国ワルシャワで、モンテネグロ代表を相手にW杯予選最終戦を戦う。

News