presented by
Menu
アウゲンターラーの特別レッスン

FCBコーチが日本と中国で講習会を開催

 ここ数週間、FCバイエルンの若手コーチたちが非常に特別なアウェイの地で指導プログラムが開催した。彼らは日本と中国にあるFCBアカデミーを活発的にサポートし、現地の選手と指導者にFCバイエルンのメソッドを指導した。

 10月、FCバイエルン・フットボール・スクール・ツネイシで今年3回目となるトレーナー指導が開催され、FCBコーチのトーマス・デルナーは数々のトレーニングメニューの中で、現地のコーチたちにトレーニングメソッドのためのアドバイス、FCバイエルのトレーニング理論を指導した。特に現地アカデミーのコーチと選手たちが興味を示したのが、試合中でのライブコーチングだった。

 同様に10月、今年3回目となるFCBトレーナー代表団のFCバイエルン・フットボール・スクール・チンタオ訪問が実現。今回のトレーナー指導ではクラウス・アウゲンターラーが初めて中国に足を踏み入れた。「現地の先生やコーチにFCバイエルンの若手選手指導哲学を指導するのは我々の責任であり、願いである。このような機会を活かして、彼らを助けたい。この講習会の終了後に参加した全員が評価される。最も優秀だった参加者が修了書を受け取る。そして将来、上級の講習会に訪問する機会を得る」と、元FCB主将クラウスが述べた。

 現地の先生とコーチの訓練はFCバイエルンと青島市に本社があるSino-German Eco-Parkが締結したパートナーシップの中心的要素だ。約900万人が住む同都市のサッカー発展の目標は、中国“サッカー都市“の1つなることである。今後数ヶ月、数年は定期的にFCバイエルンのコーチがチンタオを訪問し、講習会とワークショップを行う予定だ。

News