presented by
Menu
インサイド

リベリーがピッチに戻る

 大半のバイエルンの選手達がトレーニングのない月曜日を満喫、もしくは各国代表戦へと向かい、負傷中の選手達は復帰に向けトレーニングを行った。それは良い方向に向かっている。フランク・リベリーはようやく芝の上を走れるようになった。本来この小雨の降る寒い天気は全く心地の良いものではないのだが、同フランス人選手はベルリン戦で負った外側側副靱帯断裂の怪我から再び芝の上に立ち、グラウンドに戻れたことを喜んだ。

雨でも練習に取り組んだミュラー

リベリーに加えて、この好ましくないコンディションの中、トーマス・ミュラーも外へ出た。暖かな帽子をかぶった27歳の同選手はDr.ホルガー・ブロイヒが見守る中、ランニングを行い、トーマス・ウィルヘルミの組んだ軽いフィットネスとリハビリを行った。その内容はいくつか高い強度でのランニングとコンディションを整えることであった。2014年W杯覇者である同選手は勝利を収めたハンブルガーSV戦で肉離れを起こし、先週再び練習場に戻っていた。

News