presented by
Menu
クリスマスの挨拶

ルンメニゲ「唯一かつ特別なクラブ」

FCバイエルン会員並びにファンの皆様へ

私たちは幸いにも素晴らしいクリスマスの雰囲気の中このような日をお祝いすることができました。2017年は非常に満足のいく一年だったかと思います。夏には5シーズン連続となるブンデスリーガ優勝を決め、歴史に刻まれるものとなりました。これほどにバイエルンが強かったことは、いわゆる『黄金期』の70年代にも決してありませんでした。そして我々のチームは今まさにこの記録の更新へと向かっています。7シーズン連続となるブンデスリーガ秋季王者、チームは2位と勝点差11ポイントをつけるブンデスリーガ前半戦の首位として、後半へと折り返します。これは非常に素晴らしいことだと思っています。CLとDFBポカールにおいても優勝を目指しポジティブな状況にあります。これについて、チームへ心から感謝を述べたいと思います。このチームと3冠を目指せるのは大きな喜びです。

ユップ・ハインケスとコーチ陣に特別な感謝を述べたいと思います。我らがユップは素晴らしいカムバックを果たしてくれました。チームは彼と共に16試合で15勝を収めました。シーズン後半戦への準備期間は非常に短いですが、彼がウィンターブレーク明けにチームを更に良くしてくれると、私は確信しています。さらに昨季、私たちを5季連続ブンデスリーガ優勝に導いてくれたカルロ・アンチェロッティにも感謝の言葉を贈りたいと思っています。

また私の同僚並びにウリ・へーネス会長をはじめとする幹部の皆様、管理委員会、すべての同僚とバイエルンを愛する皆様に心より感謝を申し上げたいと思います。彼らの情熱、サポート、信頼、忠誠心、調和、すべてにです。特に私たちを唯一かつ特別なクラブにする今日の世界において、これらは私たちにとって重要な要素です。

最後に、会員並びにファンの皆様には素晴らしいクリスマスを願っております。皆様が穏やかな時間を過ごし、良い新年を迎えられるよう願っております。遅くともまた2018年1月12日、シーズン後半戦再開時にお会いしましょう。

敬具

カール=ハインツ・ルンメニゲ

FCバイエルン代表取締役社長

News