presented by
Menu
試合後のコメント

「骨の折れる試合だった」

 やる気に満ち闘争心溢れるパフォーマンスにより、バイエルンはフランクフルトとのアウェイ戦で1-0の勝利と勝点3を手に入れた。監督ユップ・ハインケスは、「我々にとって骨の折れる試合だった」と試合を総括した。72歳の同監督は「トップレベルのパフォーマンスを見せた。プレーとしてはいつもの我々ほどではなかったが、このような試合では忍耐強くプレーしなければならない。そして我々はまさにそのようにプレーした」とチームのパフォーマンスに満足を示した。

コメント一覧

ユップ・ハインケス:「強い闘志を持つチーム相手の大変難しい試合だったことは、見ていてわかっただろう。我々にとって骨の折れる試合だった。私のチームは95分以上にわたりトップレベルのパフォーマンスを見せた。プレーとしてはいつもの我々ほどではなかったが、このような試合では忍耐強くプレーし、戦わなければならない。そして我々はまさにそのようにプレーした。前季首位の座を手にしたことはそれほど重要ではない。重要なのは我々が勝利し、2位との差を広げられたことだ。この数週間で更に成長を遂げ、チームは再び魅力的なサッカーを見せられるようになった。現在の順位も2位との差も喜ばしいものだ。しかし今はまだ、花火を打ち上げたりはしないよ」

トム・シュタルケ:「100試合出場を果たせたことはもちろん嬉しいよ。スヴェン・ウルライヒが出場できないことはウォームアップの時に知った。今日は良いプレーができた。失点0に抑えたし、僕たちが勝った。何も問題ない。必要とされる時、僕の準備はいつもできている。もう数年このようにやってきたし、今でも調子は良いよ。今日はとても難しい試合だった。僕たちは結果にとても満足している」

トーマス・ミュラー:「今日は僕たちのバイエルン・スピリットを示すことができた。全員が戦っていた。熱い試合だったが、大いに楽しみ、2位との差を守ることができた」

ニコ・コヴァチ(アイントラハト・フランクフルト監督):「私のチームは、世界クラスのチーム相手に大変良い試合をしたと思う。ユップ・ハインケスの賞賛を得たという事実だけを見ても、我々が全力を尽くして試合に臨んだことがわかる。敗北よりも良い結果で報われるだけの試合をした」

News