presented by
Menu
試合後のコメント

ハインケス「そのため私は楽観視しているよ」

 今季昇格を果たしたハノーファー96は勇敢に猛攻を凌いだが、最終的にFCバイエルンが3-1(1-1)で収めた勝利は相応しい結果だと言えるだろう。ユップ・ハインケスは幾つかの稀有な場面を目にすることとなった試合後、「前半、各ポジション間のスペースが大きすぎた」と語り「数多くのゴールチャンスを掴んだものの、残念ながらそれを活かさなかった。だがこの点差での勝利は相応しい結果だと考えている」と続けた。

試合後のコメント一覧:

ユップ・ハインケス:「前半、各ポジション間のスペースが大きすぎた。ハノーファーは非常に良い組織を保ち、彼らの好守の切り替えを前に我々は問題を抱えていた。後半我々は素晴らしいプレーをし、試合のリズムを支配した。数多くのゴールチャンスを掴んだものの、残念ながらそれを活かさなかった。だがこの点差での勝利は相応しい結果だと考えている。全体的に満足しているよ:トーマス・ミュラーが長期離脱後、また2週間怪我を抱えていたにもかかわらずキングスレイ・コマンも再びプレーし、ジェローム・ボアテングも徐々に彼の平時の調子を取り戻している。そのため私は残りの試合に関して楽観視しているよ」

トーマス・ミュラー:「僕達はたくさんのゴールチャンスを得た。総合的に見て観客にとっては面白い流れの生き生きとした試合だったね」

アンドレ・ブライテンライター(ハノーファー96監督): 「FCバイエルンとユップ・ハインケスにはお祝いを述べたい。我々は敬意を得るだけのパフォーマンスを見せ、とりわけ前半、良い組織プレーを行った。良いトランジションを見せた場面があったが、我々はそれを常に最上の形でフィニッシュへと持ち込めなかった。後半も容易にはプレーさせないつもりだった。我々のGKは多くのピンチを救ったね。最終的に見てこの点差でのバイエルンの勝利は妥当な結果だと言える」

フィリップ・チャウナー(ハノーファー96GK): 「少々落胆しているものの、項垂れる必要はないと思っているよ。僕達は激しく抵抗し、勝ち点を持ち帰りたいと思っていた。でもそれはうまくいかなかったね」

News