presented by
Menu
トレーニングのない午後

ウェイトルームで汗を流すレヴァンドフスキとフンメルス

 FCバイエルンの面々は4日(木)、午後のトーレニングを免除された。ユップ・ハインケスはこの練習免除の理由を「最初の4回のトレーニングは非常に密なものだった」と説明、「選手達に負荷をかけすぎないことが重要だ」と述べた。

 その為休養、および回復がドーハでのチームが逗留地での目下の課題となった。ダビド・アラバは5日(金)、「治療を受け少し眠って、ビデオゲームをプレーしたよ」と昨日午後の自由時間の過ごし方について語った。チームメイトも彼同様に時間を過ごしている。

 だがロベルト・レヴァンドフスキ、マッツ・フンメルスの両選手はウェイトルームで汗を流す姿を目撃されている。両選手は休むことなくウェイトルームで個別メニューを行った。TVカメラと共に両選手の練習に密着した。

News