presented by
Menu
ドーハ2日目

苦痛のサーキットトレーニング

 負荷をかけた腹筋、プルアップ、ゴムバンドを使ったスクワット、ミニハードルを使った片足ステップジャンプ… 3日(水)午後に行われたドーハ2日目のトレーニングは苦痛を強いるものであった。正確には:サーキットトレーニングである。

 FCバイエルンのフィットネストレーナーは8つのエリアを準備し、選手たちは各エリア30秒間で2セット行わなければならなかった。専門家による体幹の安定と予防機能の向上メニューである。選手たちにとってはシンプルにとても厳しいトレーニングだった。そしてサーキットトレーニング終了後、誰もが深い呼吸をしていた。今後も同メニューが行われる可能性がある。

News