presented by
Menu
インサイド

10年振りのヴァーグナーの復帰

Increase font size Text size

 79分間を耐え忍び、 彼はようやくその時を迎えた。3-1の勝利を収めたレヴァークーゼン戦でサンドロ・ヴァーグナーは3,785日振りにFCBの一員として公式戦で復帰を果たした。ウィンターブレイク中に加入した同選手が最後にバイエルンで試合に出場したのは10年以上前となる2007年9月2日、1-1のハンブルガーSV戦だった。当時もまた今試合同様、同選手はリベリーに代わり途中出場している。

リベリーが歴代得点王トップテン入り

 フランク・リベリーはレヴァークーゼン戦の勝利で、自身にとっての今季初得点に喜ぶこととなった。同フランス人選手は59分に2-0となるゴールを決め、これは同選手に取りマリオ・ゴメスト並ぶFCバイエルンでの113得点目となった。1965年に1部昇格を果たして以来、FCBでこれ以上得点を決めたのは10選手のみとなっている。

News