presented by
Menu
後季開幕戦後のコメント

「非常に良い守備をみせた」

 予想通りレヴァークーゼンでの後季開幕戦は難しい試合となったが、FCバイエルンは3-1で相応しい勝利を手にした。ユップ・ハインケスは「私のチームは今日、大部分に渡り戦術的にみて非常に良いパフォーマンスをみせた」と満足気に語り、同時に「彼らは非常に攻撃的な戦術を取ったが、我々は非常に良い守備をみせた」と相手チームに敬意を表した。

試合後のコメント

ユップ・ハインケス:「私のチームは今日、とりわけ守備において大部分に渡り戦術的にみて非常に良いパフォーマンスをみせた。レヴァークーゼンは非常に攻撃的な戦術を取り、そのため我々の攻撃陣も守備を強いられた。レヴァークーゼンで勝つのは困難だ。若く、貪欲で、才能に溢れたチームであり、今日彼らは非常に攻撃的な戦術を取ったが、我々は非常に良い守備をみせたと思う」

サンドロ・ヴァーグナー:「僕達が沢山の目標を掲げ、準備期間の初日から良い仕事を続けてきたのは今日誰もが目にしたんじゃないかな。僕達はチームとしてプレーし、多くのチャンスを掴んだ。レヴァークーゼンも素晴らしい試合をしたね。でも勝利は順当だと思うし、こういうスタートを切れたのは素晴らしいね」 

フランク・リベリー:「レヴァークーゼンでプレーするのはいつも難しいんだ。僕達は今日良い試合をしたけど、レヴァークーゼンがかなりのプレッシャーをかけてきたから、難しい状況にあった。もっとボール扱いを巧くこなさなければいけない。でも3-1で勝ったことは大事だったね」

ハイコ・ヘアリッヒ(バイエル・レヴァークーゼン監督):「このパフォーマンスを恥じる必要はないだろう。我々は勇敢に戦い、相手にプレッシャーを与えた。バイエルンは決定的な場面で経験の差をみせた。我々に可能性はあったが相手の勝利は妥当だと言えるだろう」

スヴェン・ベンダー(バイエル・レヴァークーゼンDF):「僕達には前半勇気が欠けていた。後半は良くなったものの、2-0にされてしまった。バイエルンは今日も冷酷にゴールを決め、だからこそ相応しい勝利を収めたんだ」

News