presented by
Search Fill-1
Menu
ワールドカップ出場のチャンス

レーヴの「視野」に入っているウルライヒ

Increase font size Text size

 スヴェン・ウルライヒはドイツ代表入り、それどころかワールドカップ出場に希望を持つことができる。ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴは2月10日(土)夜、FCバイエルン対FCシャルケ04戦のハーフタイム中に、「彼は我々の視野に入っている」と話した。同監督は、負傷離脱しているマヌエル・ノイアーの代役を数ヶ月前から務めているウルライヒについて、ビルドアップの部分で非常に成長し、さらに1対1のクオリティーが高いとコメントしている。

 同監督は、ロシアで行われるワールドカップでの正GKに現在リハビリを行っているノイアーを予定しており、「今週、彼の状態を知るために彼と電話した。調子は良いようだ。彼は間もなくトレーニングに復帰できることを願っている」と述べた。また「すべてOKな状態になることを前提としている。彼はもちろん我々にとって大変重要だ。彼が一番だよ」とコメントした。

 ちなみに2010年には、当時のバイエルンGKハンス=イェルク・ブットが直前でワールドカップ南アフリカ大会に参加する資格を得た。

News