presented by
Search Fill-1
Menu
「ここがバイエルンの故郷となる」

ホームへようこそ!

Increase font size Text size

 アリアンツ・アレーナは最新鋭の設備を備えたサッカースタジアムであると同時に、ミュンヘンのランドマークでもある。12年間、同スタジアムはミュンヘンを拠点とする2つのサッカークラブのホームスタジアムとして使用されていたが、TSV1860ミュンヘンが2017年夏に移転を余儀なくされると、その後はFCバイエルン・ミュンヘンが独占することとなった。2005年のアレーナ開業以来、ドイツ絶対王者のファンたちは自分達だけのスタジアム、赤い座席、そしてこの場所こそがホームであるとい感慨を熱望し続けてきた。今春5月、この夢はついに現実のものとなる。『アリアンツ・アレーナ、ヴァージョン2.0』が真のFCバイエルン・アレーナとして生まれ変わるのだ!
 FCバイエルン・ミュンヘン株式会社、代表取締役社長代行のヤン=クリスティアン・ドレーゼンは2017年11月の年次総会において改築案を発表した。この数カ月、スイスの世界的建築事務所ヘルツォーク&ド・ムロンによる数十に上る起案が、代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲと同氏の朋輩であるドレーゼン、アンドレアス・ユング、イェルク・ヴァッカー、またウリ・ヘーネス会長、Prof.Dr.ディーター・マイヤー、ヴァルター・メネケスをはじめとする執行役会役員並びにFCバイエルン・ミュンヘン株式会社監査役会役員により協議、品評された後、最終的な合意に至った。この結果はフォトギャラリー、および最新のバイエルン・マガジンで閲覧が可能となっている。アリアンツ・アレーナ経営責任者であるユルゲン・ムートは「ここがFCバイエルンの故郷となる」と改築施工を待ちきれない様子を改築施工を待ちきれない様子で語った。

News