presented by
Menu
今季最後の週

ノイアー、アラバ、コマンが全練習メニューを消化

 今季最後の週初めに朗報が舞い込んだ:ダヴィド・アラバ、キングスレイ・コマン、マヌエル・ノイアーが15日(火)午前中の全練習メニューを消化し、今週土曜日のポカール決勝(アイントラハト・フランクフルト戦)に向けてチームと準備を開始した。

 バイエルン指揮官に最高の別れの機会を与えるため、バイエルン選手はベルリンでの決勝で全てを打ち破ることを望んでいる。さらに同一戦の試合終了のホイッスルでハインケスの監督としてのキャリアが幕を閉じる。サンドロ・ヴァーグナーは「ユップ・ハインケスには絶対に2冠目を送りたい。来週の週末は全てを注ぐよ」とチームを代表して約束した。今季ブンデスリーガ最終節シュトゥットガルト戦で敗北した後、マッツ・フンメルスはドイツの首都でバイエルンが『異なるパフォーマンス』を披露すると確信していた。

 指揮官ユップ・ハインケスが「ベルリンではシュトゥットガルト戦に臨んだバイエルンとは違うFCBがプレーする。火曜日から最高の形で準備を始める」と既に宣言していた通りに練習は高い集中力で行われ、サブ練習グラウンドではフアン・ベルナト、アリエン・ロッベン、ジェローム・ボアテングがランニングで汗を流していた。怪我で長期離脱中のアルトゥーロ・ビダルに加えてコランタン・トリッソ(パフォーマンスセンターで個別メニュー)、足首に軽度の問題を抱えたラフィーニャは今日のチーム練習を欠席したが、同2選手は明日の全体練習に復帰する予定だ。2日のオフ後、残りの選手たちは強度の高い集中的なトレーニング(約90分)に取り組んだ。そしてハインケスは今日の練習に関して「選手たちは非常によくやっていた」と笑顔でコメントして控え室に去っていた。

News