presented by
Menu
ゼーベナー通りで契約にサイン

ロッベン、FCバイエルンとの契約を2019年まで延長

Increase font size Text size

 アリエン・ロッベンの契約延長が公式に決定した。同選手は来シーズンもFCバイエルンでプレーする。アイントラハト・フランクフルトとのDFBポカール決勝が行われる2日前、34歳の同オランダ人選手はドイツマイスターFCBとの新しい契約にサインを済ませた。これによりロッベンの契約の期限は2019年6月30日となった。

 ロッベンは2009年8月にスペイン王者レアル・マドリードからバイエルンに移籍を果たし、これまでにブンデスリーガで7回、DFBポカールで4回の優勝を果たした。同選手はウェンブリーで行われた2013年チャンピオンズリーグ決勝でボルシア・ドルトムント相手に決勝ゴールを挙げ、サッカー史にその名を刻んだ。

 契約にサインを済ませた後、ロッベンはFC Bayern.tvに「本当は今すぐ新しいシーズンが始まってほしいくらいだ。チャンピオンズリーグ準決勝で途中交代を強いられ、2ndレグにも出場できなかったことはとても痛く、本当に残念だった。だから来年は、好調で自分がチームにとって再び重要な選手でいられるように改めて全力を尽くすつもりだ」と、新しいシーズンにかける意気込みを語った。

News