presented by
Menu
インサイド

アラバがトレーニング開始

Increase font size Text size

 ダヴィド・アラバは拳を付き合わせるようにして笑顔で挨拶した。休暇を終えて7月11日(水)にゼーベナー通りに戻って来たアラバは、上機嫌でFCバイエルンのプレシーズンに合流した。オーストリア代表である同選手は昨シーズンの終わりに母国代表として国際試合に参加していたため、少し遅めのプレシーズン・スタートとなった。アラバは休暇明け1日目のこの日、チームメイトと共に森でサイクリングとランニングを行った。

ユーロ大使がアリアンツ・アレーナを見学

 7月12日(火)、アリアンツ・アレーナは特別な見学者を迎え入れた。その見学者とは、ドイツサッカー連盟が開催国に立候補しているユーロ2024招致のためにミュンヘン市で大使を務めるパラリンピック金メダリストのアナ・シャッフェルフーバー、アルペンスキー選手のリヌス・シュトラッサー、そしてDJ Hellことヘルムート・ガイアーだ。3人は2024年夏にヨーロッパの頂点を目指す戦いの舞台となるべきアレーナを見て回った。シャッフェルフーバーはこの大使という役割を光栄に思い、「故郷を代表することを嬉しく思う」と述べ、ユーロ大使として、「ユーロで感じる幸福感や高揚」をミュンヘンで広められることを世界に示したいと意欲的な姿勢を見せた。UEFA執行委員会はユーロ2024の開催国を2018年9月27日に決定する予定だ。同大会の開催地に立候補しているのは、ドイツ以外ではトルコだけだ。

News