presented by
Menu
募金結果

1,111のリユースカップのデポジット料金が寄付される

Increase font size Text size

 シーズン開幕からFCバイエルンのファンはリユースカップのデポジット料金を福祉目的の為に募金できるようになり、多くの寄付が集まった。シーズン初戦からの3試合で1,111のリユースカップがエスプラネードに続く南ブロック出口に設置された4箇所の募金コーナーへ返却され、税金を引いた総額がFC Bayern Hilfe eV.へと振り込まれた。SCフライブルク戦(11月3日)終了までに集められた募金は、FC Bayern Hilfe eV.からの10,000ユーロとともにミュンヘンの福祉団体『Pfennigparade』へと寄付される。 『Pfennigparade』はハンディキャップを持つ人間、またハンディキャップを持たない人間同士の相互理解に基づいた交流の実現を目標に掲げ、現在オーバーフェーリングのイザール河畔にある自然体験施設での、自然、スポーツを通した『INSEL』プロジェクトを行っている。

News