presented by
Search Fill-1
Menu
ベンフィカ戦後のコメント

「試合を早期に決定付けることができたはずだ」

Increase font size Text size

 FCバイエルンはリスボンで攻撃的なサッカーを見せ、安定した守備を敷き相手にチャンスを殆ど与えることはなかった。2-0でベンフィカ・リスボンを下してにした勝利はその結果として相応しいものだと言えるだろう。内容に呼応するようにFCバイエルン代表取締役のカール=ハインツ・ルンメニゲは「チームは非常に良いプレーをし、真剣に取り組み、全くもって相応しい2-0という結果で勝利した」と試合を総括している。ニコ・コヴァチ監督は「我々は戦いを強いられたが、試合を早期に決定付けることができたはずだ」と試合を分析した。

試合後のコメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ :「チームは非常に良いプレーをし、真剣に取り組み、全くもって相応しい2-0という結果で勝利した。例えこれ以上の得点が奪えたにせよ、我々は非常に満足している。初戦は成功裏に終わったと言える」

ニコ・コヴァチ:「我々はブンデスリーガ、およびチャンピオンズリーグで良いスタートを切りたいと望んでいた。ベンフィカが飛び抜けて良いチームであることはわかっていた。彼らはゴールへと邁進し、素早くシュートへ持ち込もことを試みた。我々は戦いを強いられたが、多くの決定機を決めきれなかった。試合を早期に決定付けることができたはずだ。チャンピオンズリーグでは最後まで残りたいと思っている。 これから我々は引き続き集中し続ける必要がある。全チームから追走される立場にあることは承知している」

ヨスア・キミッヒ:「僕らは確かに良い試合のスタートを切り、早々に先制した。その後自らのスタイルを少し見失い、ミスを犯した。後半にも僕らは自らの簡単なボールロストで苦戦を強いられてしまった。共に試合をするつもりのあるチームと戦う方が僕は好きだ。ブンデスリーガではそうはいかない。相手チームは引いて守りに入ってしまう。相手チームがリスクを冒せば、僕らにもその分スペースが生まれるんだ」

ルイ・ヴィトーリア(ベンフィカ・リスボン監督):「我々は勝利を望んだが、相手は欧州の強豪の1つだった」

News