presented by
Menu
レヴァークーゼン戦勝利後のコメント

「体験学習をしたようなものだ」

Increase font size Text size

 試合開始早々に失点を喫し、幸先の悪いスタートとなった対レヴァークーゼン戦だが、その後バイエルンはゲストチームに全くチャンスを許すことなく、最終的に3-1のホーム戦勝利を祝うことができた。ニコ・コヴァチは「我々のゲーゲンプレスは大変良かった、レヴァークーゼンの速い選手を全く試合に入り込ませなかった」とチームの圧倒的な試合運びを説明した。対戦相手レヴァークーゼンの監督ハイコ・ヘルリッヒも「今日の我々は、体験学習をしたようなものだ」と王者バイエルンを称えた。

コメント一覧

ニコ・コヴァチ:「この90分間素晴らしい試合を見せたチームを称賛する。早い時間帯に相手にリードされてしまったが、素早く同点にすることができた。そしてその後は我々が試合を支配した。我々のゲーゲンプレスは大変良かった、レヴァークーゼンの速い選手を全く試合に入り込ませず、早い段階でボールを奪うことができた。試合終了間際ではなく、もっと早く3-1にできていれば良かったね。しかしチームパフォーマンスについて全体的に満足している」

アリエン・ロッベン:「強敵相手の難しい試合だった。彼らのカウンターはいつも大変危険だ。これほど早く逆転できたなら、それほど心配する必要はない。でも僕たちにはまだ改善の余地がある。僕たちは良い道を進んでいる。監督は、自分の望みが何かわかっている」

ハイコ・ヘルリッヒ(バイエル・レヴァークーゼン監督):「バイエルン・ミュンヘンの選手の誰もが、攻撃だけでなく守備に関しても信じられないほどクオリティーが高いことが一目瞭然だっただろう。ボールを奪われた後の彼らは大変危険だ、すぐにゲーゲンプレスを仕掛けてくるし、選手全員が対人戦に挑む準備ができている。今日の我々は、体験学習をしたようなものだ」

ドミニク・コール(バイエル・レヴァークーゼン):「最初は悪くなかったし、先制することができた。でもその後はあまりにも簡単に失点してしまった。もっと長く、前半終了くらいまでは相手のゴールを0に抑えるべきだった。そうすれば、もっとバイエルンに努力を強いることになった。あの状態は難しいよ。バイエルンは強いチームだし、順当に勝利した」

News