presented by
Search Fill-1
Menu
ふくらはぎに問題

ボアテングが代表を早期離脱

Increase font size Text size

 ジェローム・ボアテングがふくらはぎに問題を抱え、10月14日(日)に監督ヨアヒム・レーヴ率いるドイツ代表を離脱することとなった。これによりボアテングは、16日晩にパリで行われるネーションズリーグの対フランス戦(日本時間17日3時45分)への欠場が決まった。

 30歳の同CBは13日(土)、アムステルダムで行われた対オランダ戦で軽傷を負ったが、交代することなくフル出場した。試合はドイツ代表が0-3(0-1)で敗北している。

News