presented by
Search Fill-1
Menu
診断結果

アラバは短期離脱

Increase font size Text size

 ダヴィド・アラバはホーム開催のブンデスリーガ第7節、ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で右後大腿部に軽度の肉離れを負った。これはFCバイエルンチームドクターであるDrハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファルトによる診断の結果明らかになった。

 アラバは続く数日間、トレーニングを欠席し、その後徐々に負荷を上げる予定だ。同左SBはすでにオーストリア代表を辞退している。10月20日にヴォルフスブルクで開催される次節リーグ戦には再び出場可能となる。

News