presented by
Search Fill-1
Menu
各国代表戦

サンチェスはアシスト、レヴァンドフスキのポーランドは降格

Increase font size Text size

 レナト・サンチェス擁するポルトガル代表は連勝を継続している。14日(日)夜、同代表チームはアウェイでスコットランドとの親善試合を行い、3-1(1-0)で勝利して3連勝を果たした。サンチェスは56分に途中出場して直ぐに試合の勝敗を分ける活躍を披露する。74分、21歳の同選手はFKからエデルのヘディングゴールを生み出してスコアを2-0とする。その前にポルトガル代表はハーフタイム前にエウデル・コスタの得点で先制していた(43分)。 後半終盤にライプツィヒのブルマがリードを3点に広げるゴールを奪う(84分)。後半アディショナルタイムにスコットランド代表スティーヴン・ネイスミスに1点を許した。

ポーランド代表がAリーグから降格

 試合終了直前の失点でロベルト・レヴァンドフスキとポーランド代表の降格が決定した: ポーランド代表は母国のホジュフにイタリア代表を迎えてネイションズリーグ第3節を戦った。そして後半アディショナルタイムの90+2分にイタリア代表クリスティアーノ・ビアーギに決勝弾を奪われ、0-1で敗北した。この結果、ポーランド代表はAリーグ最初の降格チームとなった。A3グループ第3節終了後、ポーランド(勝点1)は2位のイタリア(勝点4)と1位のポルトガル(勝点6)に勝点で及ばず、同グループ最下位が決定した。最終的にイタリア代表の勝利に相応しかった:長い時間、同代表は優勢に試合を進めて前半に2度のクロスバー直撃のシュートを放っていた。

News