presented by
Menu
筋肉の硬化

ゴレツカに代わりニャブリがドイツ代表に追加招集

Increase font size Text size

 1人のバイエルン選手の代わりに別のバイエルン選手がドイツ代表に追加招集されることになった。23歳のレオン・ゴレツカが筋肉の硬化のため、UEFAネーションズリーグのオランダ戦(10月13日)とフランス戦(10月16日)を辞退した。代わりにFCBチームメイトのセルジュ・ニャブリが代表監督ヨアヒム・レーヴに招集された。

 ゴレツカは既に10月9日(火)、ベルリンのドイツ代表のチームホテルに向かわず、治療のためにミュンヘンに留まっていた。先週土曜日のボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で軽い筋肉損傷を負ったダヴィド・アラバ(オーストリア)に続き、これで負傷により代表を辞退したバイエルン選手は2人になった。

News