presented by
Menu
インサイド

バイエルンの7選手がドイツ代表に招集

Increase font size Text size

 ドイツ代表チームは2018年最後となる代表戦2試合へ多数のFCバイエルン所属選手を伴い臨む。ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴは9日(金)、24名から成るドイツ代表チームにマヌエル・ノイアー、マッツ・フンメルス、ニクラス・ズーレ、ヨスア・キミッヒ、セルジュ・ニャブリ、レオン・ゴレツカ、トーマス・ミュラーの7選手を招集した。同代表は11月15日にライプツィヒでロシア代表との親善試合、またその4日後となる11月19日、ゲルセンキルヒェンでオランダ代表とUEFAネイションズリーグの一戦へと臨む。ジェローム・ボアテングは今回代表監督との話し合いの結果休みを与えられ、今回の帯同は見送りとなった。

ベルリンでのポカールラウンド16の開催日時が決定

 ブンデスリーガ第15節から第21節の開催日時がDFLによって決定されたことを受けて、DFBポカールラウンド16の開催日時が発表された。FCバイエルンは2月6日(水)、ベルリンのオリンピアシュターディオアンでヘルタBSCベルリンとアウェイで対戦する。キックオフ時間はドイツ時間20時45分、日本時間翌7日4時45分だ。 

News