presented by
Menu
頂上決戦に関する統計データ

バイエルンとドルトムントはブンデスリーガ99度目の対戦

Increase font size Text size

 FCバイエルン対ボルシア・ドルトムント – 10月10日(土曜日ドイツ時間18時30分、日本時間翌2時30分)ドイツサッカー1部リーグのトップゲームが開催される。今回で1部リーグでの99試合目、ドルトムントでの50試合目を数える同対戦は、両チームともに15勝19分、得点比は68対67とほぼ互角。拮抗した戦いが今回も予想されるが、昨季はFCBが3-1で勝利を収めている。fcbayern.comはドルトムントでの一戦に関する統計データを紹介する。

統計データ上はバイエルン優位

 ミュンヘン州とヴェストファーレン州を拠点とするドイツ版「クラシコ」と呼ばれる両チームの対戦は、統計データ上はFCバイエルンの有利が予想される。FCバイエルンは45勝24敗29分け、得点比は188対119となっている。またFCBはBVBとの直近8試合で6勝1分を記録し、敗戦はたったの1試合のみだ。

入れ替わった立場

 首位のドルトムント、4ポイント差の3位で追走するバイエルン -11日の試合を前に順位表はこのような状況になっている。最後にBVBが直接対決を前にドイツ絶対王者よりも上位に位置したのは2011-12シーズンの第30節だ。当時BVBは勝点3ポイント差を付けFCBをリードし、マイスターでシーズン優勝を飾った。両チームがブンデスリーガ直近12試合で相見えた際、立場は常に逆だった:FCバイエルンは常に首位に立ち、ドルトムントが追走する。

共に8試合で7勝

 ホームでの強さを誇るドルトムントがアウェイで負けなしのバイエルンと激突する。BVBは全トーナメントを通じたホーム戦直近8試合で7勝を挙げている。対するFCBはブンデスリーガアウェイ戦直近8試合で7勝を記録しドルトムントへと乗り込む。どちらの持つ記録が10日(土)にストップされるのだろうか。

マイスター同士の闘い

 ここ9シーズンのブンデスリーガではFCバイエルンが7度、ボルシア・ドルトムントが2度マイスターシャーレを掲げている。直近25シーズンではバイエルンとドルトムント両チーム合計で21度のリーグ優勝を飾った(FCB16回、BVB5回)。またこの間リーグ戦以外の大会を制覇したのも両チームのみとなっている。

News