presented by
Search Fill-1
Menu
ポーランドがアウェイで1-0-の勝利

レヴァンドフスキがウィーンでアラバとの1戦を制する

Increase font size Text size

 22日(土)の代表戦を舞台としたFCバイエルン所属選手同士の対決は、ロベルト・レヴァンドフスキに軍配が上がった。同FW率いるポーランド代表は、ダヴィド・アラバ擁するオーストリア代表と相見えた欧州選手権予選初戦を1-0(0-0)で制し、大会出場へ向けて幸先の良いスタートを切った。拮抗した展開となった同対戦は、クシシュトフ・ピョンテクが69分に決勝点とゴールを奪う。試合終了直前の90+4分、アラバに同点の好機が訪れるもヴォイチェフ・シュチェスニーがこれを阻みタイムアップ。レヴァンドフスキは24日(日)にグループGの第2戦、ワルシャワでのラトビア戦(日本時間25日4時45分キックオフ)へと臨む。オーストリア代表はハイファでイスラエル代表(日本時間25日1時キックオフ)と激突。だがアラバは依然として完治していない筋肉の問題により欠場が決まっている。

News