presented by
Search Fill-1
Menu
公開練習

ロッベン、リベリー、ゴレツカがチーム練習に復帰

Increase font size Text size

 ゼーベナー通りからの朗報が終わらない。成功に満ちた先週末とセルジュ・ニャブリの契約延長が決まった後、5日(火)午前の練習に多くのポジティブ要素が見て取れた。 長期間チーム練習に参加していなかったアリエン・ロッベンが今日再びチームトレーニングの一部に参加。 同サイドアタッカーが最後にチームと練習を行ったのは2月初旬、そして最後に出場した公式戦は昨年11月のチャンピオンズリーグ・グループステージのベンフィカ・リスボン戦である – この試合で同選手は大腿部に問題を抱えた。

 今日の公開練習に訪れた約1,200人のファンたちは同オランダ人選手に加えて、更に2人のトレーニング復帰を喜んだ。フランク・リベリー(胃腸炎)とレオン・ゴレツカ(足首の問題)は再びチーム練習に完全復帰。コランタン・トリッソ(十字靭帯断裂から回復中)はサブグランドで個別メニューに取り組み、キングスレイ・コマン(筋損傷)はランニングで汗を流した。唯一、ダヴィド・アラヴァ(腱の炎症)が今日の練習を欠席した。

 ニコ・コヴァチは今日の練習で数多くのゲーム形式トレーニングを用意し、チームはハイテンポの素晴らしい練習内容で今日のトレーニングを行っていた。バイエルン選手たちは来週のイングリッシュウィーク(3月9日(土)現地時間15時30分、VfLヴォルフスブルク。3月13日(水)現地時間21時00分、FCリヴァプール)に向けて心構えと高いモチベーションを持っているように見える。ピッチ内外の朗報がチームを感化させるだろう。

News