presented by
Search Fill-1
Menu
トレーニングを短期離脱

ハメスが筋肉硬化

Increase font size Text size

 ハメス・ロドリゲスは神経性の筋肉硬化があり、数日トレーニングを欠席することになった。しかし離脱期間はそれほど長くならない見込みだ。チームドクターのDr. ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールトが4月29日(月)に同選手を診察した。ハメスは前日のニュルンベルク戦(1-1)で途中交代を強いられた。

 それに対して、2日前のニュルンベルク戦に向けた最終調整で膝を打撲したジェローム・ボアテングは、既に29日(月)午前中に再びピッチ上で個別トレーニングに取り組んだ。

News