presented by
Search Fill-1
Menu
ブレーメン戦後のコメント

「イースター休暇を1位で祝うことができる」

Increase font size Text size

 試合に勝利し、首位をキープ、そしてイースター休暇へ突入。この3つの観点から、ヴェルダー・ブレーメン戦の1-0の辛勝はポジティブな結果となった。直近10試合で9勝目を挙げ、チームはこのままイースター休暇に突入する。トレーニングは一先ずオフとなる。ニコ・コヴァチ監督は、「大量のチャンスをものにし、2-0や3-0にできていればよかったが、1-0でも十分だ」と試合を総括した。

コメント一覧

ニコ・コヴァチ「両チームにとって今日は難しいゲームだった。天気も極端だった。まさに0から100みたいだ。25℃だったからね。ブレーメンが難敵だということは分かっていた。彼らはシーズンの後半戦は今日まで負けなしだったし、無失点に終わったのも今日だけだ。だから、辛抱強い戦いになると思っていた。そして後半の退場の判定は我々にとって追い風となったのは間違いない。我々も、数多くのチャンスを決め切れなかった。大量のチャンスをものにし、2-0や3-0にできていればよかった。だが、1-0でも十分だ。勝点3を手にし、イースター休暇を1位で祝うことができて嬉しい。完全に順当な勝利だ。

ニクラス・ズーレ「ゴール前で、チアゴに俺を見ろと腹の底から声を出して叫んだんだ。ドルトムント戦では2本シュートを打ったけど、どちらも決められなかった。だから、今回は相手の足に当たってでもゴールになってよかった」

ヌリ・シャヒン「勇敢に戦いたかった。実際に勇敢に戦えたと思うが、バイエルンが前線でリズムを作ると、それを崩すのは非常に困難になる。理由は、彼らのパス回し、ポゼッションサッカーが非常に上手だからだ。それを崩すことはできない」

クラウディオ・ピサーロ「最初はカウンターに徹しようと考えていた。ボールを支配できたシチュエーションは何度かあったが、10人では難しすぎる」

News