presented by
Search Fill-1
Menu
ユーロ予選

5人のFCBプロ選手がドイツ代表入り

Increase font size Text size

 FCバイエルンのプロ選手5人が、ユーロ2020予選グループステージを戦うドイツ代表に招集された。ヨスア・キミッヒニクラス・ズーレレオン・ゴレツカセルジュ・ニャブリ、そしてマヌエル・ノイアーは計22名のドイツ代表の一員として6月8日のベラルーシ戦(ボリソフ、日本時間9日3時45分)と11日のエストニア戦(マインツ、同12日3時45分)に臨む。ドイツ代表キャプテンであるノイアーの招集は暫定的なもので、同選手のふくらはぎの回復状況を見て最終決定が下されることになる。

 ヨギ・レーヴはこれまでの予選で結果を出してきた主力メンバーを今回も再び招集した:バイエルンの5人は3月末にドイツ代表が3-2で勝利したオランダ戦に先発出場している。招集されたメンバーは6月2日にオランダのフェンロ―に集まり、短期トレーニングキャンプを行う。

コマンはフランス代表復帰間近

 前回の出場から約1年半が過ぎたが、キングスレイ・コマンは来月代表復帰を祝うことになるかもしれない。同ウィングはフランス代表監督のディディエ・デシャンによって、6月2日に行われる親善試合ボリビア戦(ナント、日本時間3日4時)とユーロ予選のトルコ戦(コンヤ、同9日3時45分)及びアンドラ戦(アンドラ・ラ・ベリャ、同12日3時45分)に臨むメンバーに選ばれた。コマンは3月にもフランス代表に招集されたものの、出場機会は得られなかった。22歳の同選手がフランス代表として出場したのは、2017年11月10日のウェールズ戦が最後になる。

ハメスがコロンビア代表暫定メンバー入り

 ハメス・ロドリゲスはコパ・アメリカに臨むコロンビア代表の暫定メンバー40名に名を連ねた。最終メンバーは5月30日にコロンビア代表監督のカルロス・ケイロスによって発表される。コパ・アメリカはブラジルで6月14日から7月7日まで開催されるが、コロンビア代表は同大会前にパナマ(日本時間6月4日7時)とペルー(同10日6時)相手に親善試合を行う。

News