presented by
Search Fill-1
Menu
ポカール決勝戦後のコメント

「人生の中に残り続ける」

Increase font size Text size

 FCバイエルンはDFBポカール決勝RBライプツィヒ戦で3-0の勝利を収めて今季リーグ優勝とのシーズン2冠を成し遂げた。FCバイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「先週はドイツ王者、今日はポカール優勝 – これ以上ない最高の結果だ。今日のチームは素晴らしいパフォーマンスをした」と称賛した。同試合後のFCバイエルン監督ニコ・コヴァチは「今日、自分たちの仕事とこれまでの取り組みがただ報われた」と述べた。トーマス・ミュラーは「もし自分が結果を残せなくても、今日の試合で勝利することがどれだけ重要か理解できるはずだ」と言った。

ポカール優勝後のコメント

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「先週はドイツ王者、今日はポカール優勝 – これ以上ない最高の結果だ。今日チームは素晴らしいパフォーマンスをした。我々は世界最高レベルのゴールを決め、最後尾にはドイツ代表でゴールマウスを守るに相応しいマヌエル・ノイアーが圧倒的な存在感を示した。誰もこれ以上のプレーは出来ないね」

ニコ・コヴァチ:「ライプツィヒは予想通り難しい相手だった。彼らは今季後半戦で本当に良いプレーをしていたよ。それは最初の30分間を見れば分かる。その後はやや自由にプレーが出来て、マヌが2度我々を試合に留めてくれた。だが最終的にこの勝利は妥当だったね。FCバイエルンは今日間違いなく盛大に祝う。今日、自分たちの仕事とこれまでの取り組みが純粋に報われた」

マヌエル・ノイアー:「今日一番重要だったのは僕らが試合に勝利したことだ。ライプツィヒは今季を通して素晴らしい守備パフォーマンスを披露していた。ロベルトの突破は本当に凄かったよ。だから彼はマン・オブ・ザ・マッチに値した。全選手と同じく僕にとっては今季をシーズン2冠で終えたことがより一層とても大事なんだ」

トーマス・ミュラー:「今日僕らは全てを出し切った!みんな、優勝おめでとう。今日はただの勝利ではなく、今日は本当に多くの気持ちが入った試合だった!僕らは多くのタイトルを獲得したが、もう一度特別な試合だった。それはクラブを離れる3名の偉大なる選手がいるだけではなく、今季の苦しい時期も理由に入る。もし今季のように盛り返せれば、言葉にできない程胸がいっぱいになる。非常に多くの意思の強さがあった。もし自分が結果を残せなくても、今日の試合で勝利することがどれだけ重要か理解できるはずだ」

ロベルト・レヴァンドフスキ:「僕らにとって今日の目標は1つしかなかった:ポカール優勝。僕らが非常に良いプレーをして快勝を達成できたことにとても、とても満足している。前半にライプツィヒが2度の決定機を迎えたけど、それ以外は僕らが終始試合をコントロールして、後半は追加点も決めた。このポカール優勝は当然フランク、アリエン、ラフィーニャへの餞別プレゼントだ。だけど最終的に今季はただ非常に良いシーズンだった」

フランク・リベリー:「相手チームは本当に良かった、ライプツィヒはとても良いサッカーをする。だが今日は僕らが良い試合をしたね。チームは良いプレーをしていた。決勝戦は常に素晴らしく、特別な雰囲気と密接な関係にある。僕らが共に達成したことはずっと人生の中に残るし、僕は決して忘れない。素晴らしい12年間だった」

オリヴァー・ミンツラフ(RBライプツィヒ、グローバルサッカー責任者):「とても大きな失望だ。ここにいれば、当然この試合に勝利したい。我々は本当に良いスタートを切り、試合30分まで圧倒して先制する可能性もあった。最初の失点は少し不運もあった、結果的に我々は不確実でチャンスをただ活かせなかったよ。だから最後は妥当な敗北を喫してしまったね」

ペーター・グラーツィ(RBライプツィヒGK):「前半30分間は良い試合をした。そこで先制ゴールを奪うべきだったが、チャンスを活かせなかった。その後は僕らにとって難しいゲームとなったよ。バイエルンはスペースを上手く使い、彼らのクオリティーを駆使してたくさんのチャンスを作り出していた。だから最終的に彼が妥当な勝利を収めたよ」

News